札幌市の木として有名なライラックもやっと満開になりました。
今年のライラックは、札幌で5月8日に開花しました。
平年は5月17日に咲くため、平年より早い開花となっています。

余談ではありますが札幌のライラックは、北星学園の創設者であるサラ・クララ・スミス女史が、アメリカからもたらしたものがその起源であるといわれます。
北大植物園にある最古のライラックも、スミス女史から分けていただいた株であるとされており、
冷涼な気候である札幌の町にたちまち広まっていったものと考えられます。
そして、昭和35年札幌市の人口50万人突破と、ポートランド市との姉妹都市提携を記念して、
札幌にふさわしい花(スズラン)、木(ライラック)、鳥(カッコウ)が選ばれました。

未だ北海道は緊急事態宣言が解除されておりません。
4日後の21日をめどに改めて判断する方針のようです。
今年は例年の札幌イベント「札幌ライラックまつり」も「北海道神宮祭」も
「よさこいソーラン祭り」も中止となり、一番美しく、きれいで賑やかな季節なのに、寂しい春・夏となってしまいそうです。
せめて、力強く咲く木々や花々の元気をもらいながら、
生命力あふれる美しいものを見て、心を穏やかにすることが今一番もとめられているように思います。

ここ数日、寒暖差さが激しく、体調を整えるのも難しい季節だと思います。
薄着などによる身体の冷えは「体温が1度下がると 免疫力が37%落ちます。
代謝は12%落ちます。体温が平熱より1度上がると免疫力は5倍に上がります。
風邪などを引いたときに、熱が上がるのも身体に侵入してきた菌と戦うためです。
だからこそ、少々暑いかな?と思える服装を選び、手首、足首を冷やさないようにしましょう。
手首や足首を冷えは、腎臓に負担がかかり易いといわれています。
普段から、温かい飲み物を飲むことも心掛けて体温を高めることも大切です。

私事ですが・・私は寝相が悪く、すぐ布団を蹴飛ばして寝てしまうので、
レッグウォーマーで足首だけでも冷やさないようにして寝ていますよ。
ぜひご参考になさって下さい。


Archive

Selected Entry

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

HomePage

株式会社 大聖発酵

Facebook

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM