最近では、腸内細菌が免疫力をアップさせたり自律神経を整えたりと、
体質改善に大きく影響することがわかってきています。
腸内細菌のバランスを良好に保つためにも、毎日の食事に発酵食品を取り入れることはとても重要です。
「発酵食品」とは、微生物の力を借りて、元の食材にはない豊かな風味が生み出され、
私たちの身体に有用な成分が高まった食品です。
例えば、麹菌・酵母・乳酸菌から生まれる味噌、醤油、みりん、日本酒。
かつおと麹菌が一緒になってできるかつお節、乳酸菌から生まれるぬか漬け、
そして納豆菌から生まれる納豆など、日本には毎日の食卓に当たり前のように並ぶ発酵食品がいくつもあります。
「腸内環境と免疫」の繋がりはとても深く「腸」には身体全体の6〜7割もの免疫細胞が集まっており、
免疫機能の総合指令所となっています。
この仕組みが、24時間休むことなく、病原菌やウイルスを監視し、
炎症で組織が壊されないように働いてくれることで私たちの健康は守られています。
この総合指令所がいつでも元気に稼働できるように、
私たちは意識して食べる物を選択し、よりよい腸内環境を作ることがとても大切になります。
なかでも発酵食品は、この腸内環境を改善し、免疫力を高めるのに効果的です。
また、発酵食品どうしの『食べ合わせ』、例えば一般的な朝定食にあるような
味噌汁、納豆、ぬか漬けといった日本の伝統的な和食は、腸内環境を改善し、
免疫力をより高める効果が期待されます。

はつらつ核酸は温かいお湯で小刻みにお飲みいただくことで、腸内フローラを整えます。
朝の味噌汁を習慣づけましょう!


Archive

Selected Entry

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

HomePage

株式会社 大聖発酵

Facebook

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM