いつもはつらつ核酸のご用命ありがとうございます。
私たちのお腹の環境を整えている、腸に生息する多種多様な菌。
便秘改善や美肌など、いろんな効果があるヨーグルトの乳酸菌は有名ですね。
せっかく食べるなら砂糖が入っていなヨーグルトを選びたいもの。
でも、やっぱり食べるときは甘さがないと...と思うのは人の常。
多くの方は蜂蜜やメープルシロップ等を砂糖代わりにすると思います。
今回は、そんな蜂蜜とヨーグルトの組み合わせについてのお話しです。

蜂蜜の効能の1つ「殺菌効果」で乳酸菌は死滅しないのか?
ハチミツの効能の中には、『抗菌力』があることで有名です。
傷へのばい菌の侵入を防いだり、消毒等にも昔からよく使われてきました。
となると、必然的に湧いてくる疑問が。
それは、ヨーグルトにかけて食べたら、せっかくの乳酸菌もダメになっちゃうんじゃない...?
確かに、ハチミツには菌を殺す力があって、悪玉菌はもちろんのこと、乳酸菌等の善玉菌も例外ではありません。
はちみつには、菌が繁殖のために必要な水分がないばかりでなく、もし菌が侵入してきたとしても、その菌の中にある水分でさえも押し出して菌を殺してしまう、そんな強い力があるんです。
ハチミツの中は、まさに無菌状態。
ハチミツが数年も腐らないぐらいの防腐性を備えているのもそのためです。
それではヨーグルトに蜂蜜をかけてしまうと、乳酸菌は全滅・・・ということにはなりません。
意外にも、ハチミツが乳酸菌を増やす助けをしてくれる要はかける量の問題で、大量のハチミツの中にヨーグルトを混ぜれば、乳酸菌はほぼ全滅します。でも、普通ヨーグルトを食べる時、そんなにハチミツはかけませんよね?
せいぜいかけても、ヨーグルト100gに対してハチミツ20gぐらい。
それでも、相当甘く感じられると思います。
そのぐらいの割合のハチミツであれば、ヨーグルトの中にいる全ての乳酸菌を全滅させる力はありません。
しかもうれしいことに、条件がそろうと、乳酸菌はハチミツを自分達のエサにすることも!
また、単体でのハチミツが体内に入ると、成分が変化し、腸にいるビフィズス菌を増殖させる働きがあるといわれています。
なので、ヨーグルトとハチミツの組み合わせは、食べれば食べるほどヘルシーになる『最強の組み合わせ』になります。


Archive

Selected Entry

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

HomePage

株式会社 大聖発酵

Facebook

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM