8月に入り陽射しの厳しい中、夏の果物の代表、スイカがおいしい季節になりました。
果実の89.6%が水分、9.5%糖質(炭水化物)と、成分のほとんどが水分と糖質です。
また、ビタミン類を総合的にバランス良く含みます。
スイカの甘みを左右する糖質にはぶどう糖、果糖、しょ糖が含まれ、その中でも果糖を比較的多く含みます。
果糖は、甘味度がしょ糖の約1.5倍と高い一方、さわやかな風味を持ち、エネルギー転換率が高いため、早い疲労回復効果が期待できます。
また、利尿作用を持つアミノ酸の一種であるシトルリンに加えて、カリウムも豊富なことから、体内のミネラルバランスを整えたり、利尿効果を促進する効果が期待できます。
このように、スイカには体調を整えスタミナを補う効果があり、体力を消耗しやすい暑い夏に最適な野菜といえます。
更に、昔からスイカは「腎臓病の民間薬」といわれていますが、成分中にカリウムが多く含むほか、尿成分を作るのに必要なシトルリンを含むため、利尿効果が大きく、腎臓病や高血圧、むくみの防止に効果的です。
シトルリンは、スイカなどウリ科の植物に多く含まれるアミノ酸の一種で、尿素回路を構成する化合物の一つです。
1930年に、スイカの果汁から発見されたことから、スイカの学名「シトルラス」にちなんで名付けられました。
むくみ防止のほかにも、血管壁に老廃物が付着するのを防いで血流を改善し、動脈硬化を予防する働きがあります。


実は、スイカの赤い色は、リコピンという色素によるものです。
カロテノイドの一種で、スイカにはトマトの1.5倍ものリコピンが含まれます。
強い抗酸化作用があることから、生活習慣病や細胞のがん化の予防や老化防止のほかに、メラニンの生成を促す物質の発生を抑制するため、美白効果なども期待できます。
最後に、東洋医学的なお話になりますが夏に採れたものは身体を『冷やす』働きがあるので、
夜ではなく、なるべくお日様が高い時に食べることをお勧めします。

ソーシャルディスタンスが大事な今、
アウトドア遊びが見直されているようで、
ようやっとオープンし始めたキャンプ場も大人気なようです。
そんなアウトドアでも「はつらつ核酸」は必需品です。
例えば虫刺されや、火傷、擦り傷はキャンプなどにはつきものですね。
実際に私も二箇所ほど蚊に刺されてしまい、気づけばぷっくりと腫れと痒みが出ましたが、
慌てることなくその場で核酸を数滴垂らすと二時間程度で腫れ痒みもなくなり何事もなかったような感じになりました。
よくお電話でも、お客さまのお声ではつらつ核酸をその場でシュッと吹きかけると、かなり早いとおっしゃってくださいます。

また、画像にありますように、
はつらつ核酸を使い切った容器をコンパクトに持ち歩く調味料入れにするのも非常に便利です。

是非、アウトドアのお供にも持ち歩いてみてはいかがでしょうか。

6月に入り北海道も夏らしい季節となって参りました。
暑さから自然と手足を出す服装にもなると思います。
しかし、建物の中に入ればエアコンの効きすぎなどで、体温の調整が非常に難しくなります。
特に手首・足首の冷えは東洋医学的には腎臓との密接な関係があり、
これから特に暑い季節に体を極度に冷やすと、夏から秋の季節の変わり目に陰性の臓器である腎臓や肺への負担が多くなります。
腎臓に負担がかかると、耳鳴りや体のだるさの症状が出やすくなったり、
性格的には驚き易くなったりもします。
肺ならば、鼻や気管支への症状が出やすくなったり、性格的には悲観的になり易くなります。
肉体と精神は比例しています。
更に、運動した時以外に、しょっぱい物を極度に求める時は腎臓、辛みを求める時は肺、
などと内臓のサインがそのまま味覚にも表れる場合もあります。
普段より味覚の極端な偏りがあるときは、
「あ、今内臓のサインが出ているのかな?」と思って、気をつけるように心掛けてみて下さい。
これからの暑い季節を乗り越えた後に寒くなると、当たり前ですが表皮から体温がどんどん奪われ自然と体温は下がります。
体温が下がれば免疫も下がり、風邪や他の病を近づけてしまいます。
日頃から、「身体を冷やす行為から温める行為」に切り替える習慣を身につけましょう。
核酸は温かいお湯でお召し上がりください。


Archive

Selected Entry

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

HomePage

株式会社 大聖発酵

Facebook

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM